Calender

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

-

ミツオカ・ビュート 18年間ずっーといっしょ。



18年前に主人がどうしても欲しくて手に入れた車
ミツオカ・ビュート

いろんな所へ旅もしました。
ボタンもいっぱい運びました。

思い出が本当にたくさん詰まった車です。

今でも、綺麗にすると、年齢不詳な程ピカピカ!
まだまだ現役です。

お気に入りを見つけて、ずっーと大切にして行きたいですね。

さ〜て、これからは、どんな思い出を作りながら
はしるのでしょう。

立松ボタンのマスコット、ミツオカ・ビュート



  • 2012.05.10 Thursday
  • 19:43

-

臨時休業のお知らせ




誠に申し訳ございませんが、都合により
5/7(月曜日)・5/8(火曜日)は臨時休業させて頂きます。
宜しくお願い致します。

  • 2012.05.06 Sunday
  • 13:40

-

パワースポット 名古屋 中村区 豊国神社







天下を統一した戦国武将・豊臣秀吉ゆかりの地に建てられているのが、
豊国神社です。

雑誌で今月のパワースポットとして取り上げられています。

社務所で秀吉の標であるひょうたん型の絵馬を受け、願い事を書きます。

宮司さんに「こちらから写真を撮らせて頂いて宜しいでしょうか?」との願いに

満面の笑みで「どうぞ、どうぞ、こちらはオープンですからその
願い事が叶うと良いですね。」とのお言葉

ああ、何と気持ちが寛大で、穏やかなこと。
これが人々の心をつかむ会話というものでしょう。良い勉強になりました。

そしてパチリ。 真ん中の写真が本殿の
より近い位置で撮らせて頂いたものです。
凄くパワーを感じます。

すぐ隣には、豊臣秀吉に仕えた加藤清正の生誕の地に建てられた
妙行寺が有ります。

立松ボタンはこの豊国神社から徒歩で15分位の所です。

幼少の頃の秀吉が、清正が、遊び回っていたに違いありません。
そのパワーを少しでも得たいと思っています。

戦国時代の歴史に興味がおありの方にはたまらない土地でしょう。

立松ボタンにお越し頂く際には少し足をのばして豊国神社に
お寄りになられては、如何でしょうか。

今はツツジの花がとても綺麗に咲いています。



  • 2012.05.04 Friday
  • 11:59

-

ボタンと世界のアート展 na-na



「可愛いー!」
立松ボタンのショップカードをご覧になってのお客様の第一声です。

立松ボタンのホームページの挿絵や、ショップカードの絵を
描いて下さっているna-na(辻本実由季)さんが、

今までに描かれた絵や、世界を旅した時に出会ったアイテムを
お店のコーナーで展示されます。

期間 : 5/14(月曜日)〜5/30(水曜日)

一人で世界を旅する様な強さと、こんなに可愛らしい絵を
描かれるna-naさん。
魅力的ですね。

さてさて、どんな展示になるのでしょうか。

皆様、どうかご期待下さい。
私もとても楽しみです。


  • 2012.05.02 Wednesday
  • 13:17

-

ヤマザキマザック美術館



ゴールデンウィークに入ります。
お休みの多い方ですと、ずい分長い連休になる様です。

立松ボタンは、いつも通り、日曜日、木曜日にお休みさせて頂きますので
ゴールデンウィーク中のお休みは、4/29(日)、5/3(木)、5/6(日)です。

その他の祭日は営業致しますので、是非お越しください。

お休みはとても貴重な日です。
いつも何とか普段では出来ない事をしたいと思います。

昨日は、ヤマザキマザック美術館に行って来ました。
2010年の開館より、もう何度も訪れています。

私が何に魅かれるかと言いますと、展示されたガレや、モネの作品
そのものが素晴らしいのは、もちろんですが、まずは、部屋の造りです。

「18世紀に花開いた香り高い宮廷文化を心ゆくまでお楽しみください。」

と、パンフレットにもある様に、18世紀のフランスのサロンを髣髴と
させる様な壁布、床材、シャンデリア等は本当に他の美術館では見られ
ない雰囲気です。

まず、最初の部屋の壁布はレッド、シルキーな赤の華やかな部屋です。
次はベイジュ、最後が、 濃いめのブルーの部屋です。

その天井にクリスタルの大きめなシャンデリアが飾られているのですから、
その場にいるだけで、幸せな気分になれ、ゆったりと、絵画を鑑賞する
事が出来ます。

まだまだ書きたい事の沢山ある美術館です。

色々な事件や、悲しい事故の多い時代です。

お休みの日には、ほんのひととき、ふっと息をぬいて、
違う世界にひたってみるのも良いものだと思います。



  • 2012.04.27 Friday
  • 17:40

-

男性用のボタン



立松ボタンには、男性のお客様も多くお越し頂きます。
中でも、「ジャケットやスーツのボタンを取り替えたい。」
とおっしゃるお客様が、多い様です。

何種類ものボタンを、ジャケットにのせながら、ボタンを選ぶのですが、
それはお客様にも、私達にとっても楽しいものです。

「ボタンで、こんなに洋服の表情が変わるのですね。」
とお話をしながらのクリエイティブなひとときです。

不思議なもので、同じ様なボタンでも、そのツヤ感であったり、
風合いで、のせた時の感じに大変違いが出ます。

「立松ボタンにお越しになられる時は出来るだけお洋服や、生地を
お持ち下さい。」と言わせて頂いている理由がここに有ります。

「ボタンは高いから。」と言われるお客様もいらっしゃいますが、
メンズボタンについては、1コ100円前後のものからのご用意がございます。

これからの季節、男性にお勧めのボタンは、水牛ボタン、メタルボタン、
貝ボタンなどでしょうか。
バーバリー調のスプリングコートには、スコッチボタンがお勧めです。

立松ボタンをお気に召して頂いて、何度もお越し頂くお客様が、

「良いところを見つけました。嬉しいです。」

と言っていただけると、私達も嬉しくて、頭が下がる思いです。

ジャケットやスーツにぴったりのボタンを見つけに立松ボタンに
お越しくださいませ。




  • 2012.04.23 Monday
  • 17:05

-

Facebookを始めました



Facebookを始めました。
と、言ってもこのブログをFacebookに連動させました。
と、言った方が、正しいでしょう。

色々不慣れな事が多く、何かしら失礼が有りましたら、お許し下さい。

今年の2月、立松ボタンのホームページが完成したのを期に
ブログを始めました。

ボタンの良さを、可愛いらしさを、そして、立松ボタンそのものを
皆様にお知らせしたいとの思いで、パソコンなど、殆ど経験の
ないままのスタートでした。

でも、ブログを書いていくうちに、一つのもの、事柄に対して以前より
ゆったりと観察している自分に気づきました。

ブログを始めて良かった事の一つです。
ブログにより素晴らしい出会いも有りました。

ホームページ作成に関わって下さった皆様
慣れない私が書いたブログを読んで下さった皆様
本当に感謝しています。

これからも、自分なりにゆっくりと続けていけたらと思っています。
よろしくお願いします。

春の穏やかな光の中で思うこと


  • 2012.04.19 Thursday
  • 19:43

-

名古屋ボストン美術館


ポスター What's an Icon of Style?


撮影が許可されていた作品

ファッション・アイコンとは?

先日、名古屋ボストン美術館に行ってきました。
テーマは「時代を彩るファッション・What's an Icon of Style?」

どれも素敵な作品ばかりです。
心に残る作品が、何点も有りました。

そもそも、ファッション・アイコンとはどんな意味があるのでしょう。

「ファッション・アイコンとは特徴あるファッションで人々に
強い影響を及ぼす人々を意味する言葉」
との説明が有りました。

オードリー・ヘップバーン、ダイアナ妃、ジャクリーン・ケネディ
などが、その様な言葉に価する様です。

本当にその時代、時代のファッションに影響を与えた方々ですね。

中でも、私が惹かれたのは、ダイアナ妃が、日本に来訪された時に
お召しになられたドレスです。

その時、デザイナーの鳥丸軍雪氏は、同じ形で、色の違ったドレスを
3着作られたそうです。

ブルー・ホワイト・レッド
(ダイアナ妃に、お好きなものを選んで頂くために)

その中からダイアナ妃はブルーを
お選びになられました。

まさにロイヤルブルー

ロイヤルブルーのドレスを凛と着こなされたダイアナ妃!

その美しく、気品に満ちたお姿が、テレビの映像に映し出されました。

その時、ご訪問をお受けになられたのは、昭和天皇であられた事も
私には、驚きでした。

(そんなに時が流れていたのだという事に、改めて気づきました。
私の心の中のダイアナ妃は素敵で美しいあのお姿のままですから)

ファッション・アイコンの意味を理解しながら、その時代にファッション
へ、影響を与えた人々を思い描き
ながら拝見出来た展覧会は
とても楽しく、意味深いものでした。
  • 2012.04.17 Tuesday
  • 14:42

-

ボタンが大好き



立松ボタンには
「私、ボタンが大好きなんです。」
「私、手作りが大好きなんです。」
と言われる若いお客様が、たくさんいらっしゃいます。

針と糸をなかなか持たなくなってしまった時代です。
こういった若いお客様がいらっしゃると本当に嬉しくなります。

たとえ、とれてしまったボタンを付けるために、
針に糸を通し、布に縫い付けていく事でさえ、この作業が
何と心癒されることでしょう。

それを誰かのために、という事になれば、なおさらです。

若いお客様が、ボタンを可愛いと思い、立松ボタンの
色々なボタンを見て、はしゃいでいらっしゃる光景を見て
私は、嬉しくて、心癒される毎日です。

皆様、ボタンをご覧になって、色々なアイデアが浮かぶ様です。

どうぞ、可愛いボタンを見つけに
立松ボタンにお越し下さい。

きっと、心が癒されると思います。


  • 2012.04.12 Thursday
  • 19:28

-

桜を見ながら衣替え



桜の花が満開です。
今年は、少し寒くて、春のあたたかな光の中での
お花見がなかなか出来ません。

でも、やはり桜は素敵!

全部一気に咲きほこった満開の桜も綺麗ですが、私は少し蕾を含んだ
「まだまだ、これからですよ。」といった七部咲き位の桜が大好きです。

「これから何かが始まる。希望をもっていきましょう。」
と、言っているように感じます。

少し寒いので、衣替えも、どうして良いかといった時季です。

でも、桜を感じ、お洋服をチェックしながら、ゆっくり整理
するには、良いかもしれません。

そんな時、一度ボタンのチェックもしてみて下さい。

ボタンが取れてしまった物があったり、ご自身のイメージとすこし違いが
あったりしたら一度ボタンを取り替えてみては如何でしょうか?

立松ボタンにお越し頂くお客様の中には、初めてボタンを
取り替えられる方もいらっしゃいます。

皆様、「ボタンを替えただけで、こんなにも違うんですね。
又、お洋服をもって来ます」と言われ、喜んで頂いています。

春物のお洋服をおだしになる時に、ボタンで、簡単リフォームを
なさいませんか?

次のシーズンでの素敵な出会いを楽しみにして






  • 2012.04.09 Monday
  • 15:32